やけど.com

やけど.com HOMEやけどとはやけどをしたらやけどの治療やけどの注意事項やけどの後遺症やけどの知識

やけどとは

低温やけど

寒い時期になると、湯たんぽや電気行火(でんきあんか)、カイロなどによる低温やけどをする人が増えます。低温やけどとは、体温よりも少し高い熱に数時間触れていることにより起こるやけどのことを言います。豚は、人間の皮膚と近い皮膚を持っています。その豚を用いた実験では、44度の熱を6時間以上、皮膚に接触させると、低温やけどを起こす、という結果が出ています。さらに、温度を1度上げた場合は、やけどをする時間が半分に短縮されるという結果も出ています。これらの実験データは、人にも適用されると考えられています。

熱湯などの高温に触れた場合のやけどと低温やけどの大きな違いは、低温やけどは、熱さや痛みを感じにくく、重症化するケースが多いことです。高温に触れた場合は、「熱い」と感じ、離れることが出来ますが、低温の場合は、温度が低いため、「熱い」という感覚がなく、ゆっくりとやけどが進行していきます。低温やけどは、見た目よりも症状が重たいケースが多く見られます。

やけどは、表皮のみの浅いやけどを“1度熱傷”、真皮まで到達して水泡ができ、痛みも伴うやけどを“2度熱傷”、皮下脂肪まで及ぶやけどを“3度熱傷”とわけることができます。低温やけどは、内部では2度熱傷、3度熱傷に達している場合が非常に多いです。3度熱傷になると、再生可能な細胞組織が壊死しているため、痛みは感じませんが、皮膚も再生しません。そのため、低温やけどの面積が広い場合は、皮膚移植が必要になってきます。また、感染症にもかかりやすくなります。痛みを感じることがなくても、低温やけどをした場合には、病院へ行くのが適切です。低温のものに触れていて、皮膚が赤くなった場合、低温やけどを起こしている可能性が高まります。

低温やけどの原因となる注意が必要な温熱器具は、
●使い捨てカイロ
●湯たんぽ
●行火
●電気こたつ
●ホットカーペット、
が主に挙げられます。

[リンク]ヨドバシカメラで働きたい方へ

やけどとは

やけどをしたら

やけどの治療

やけどの注意事項

やけどの後遺症

やけどの知識

このサイトについて

▲ページの上へ戻る