やけど.com

やけど.com HOMEやけどとはやけどをしたらやけどの治療やけどの注意事項やけどの後遺症やけどの知識

やけどをしたら

処置

高温に触れてできたやけどは、まず、痛みがなくなるまで流水で冷やすことが大切です。15分〜30分は、流水で冷やす必要があると言われています。やけどの範囲が広い場合は、流水で冷やすことによって、血圧が低下してしまう場合があるので、濡らしたタオル等でくるみ、救急車を呼ぶなどの処置が必要になってきます。

1度のやけどは、医療機関での治療の対象にはなりません。皮膚の赤みや痛みには、油性軟膏や副腎質ホルモン軟膏を塗布します。1度のやけどに見えても、数時間後に、水泡ができる場合があります。水泡ができた場合は、医療機関での治療の対象になるので、経過をみることが大切な処置になります。

2度のやけどは、
●水泡はできるだけ破らないようにする
●水泡が破れてしまいそうなときは、清潔な針で水を出す
●水泡が破れたとき、膜を除去したときは、特殊なガーゼを使い、傷にガーゼがくっつかないようにする(特殊なガーゼ:ナースバン・リバノールガーゼ等)
●感染を防ぐため、抗生物質が入った油性軟膏を塗布する
●ガーゼをはがすときは、新しい皮膚をはがしてしまわぬよう注意を払う

3度のやけどは、
●熱傷範囲が狭い場合は、周囲の皮膚が伸び、傷が治ることもあるが、原則として、皮膚移植が必要
●感染防止のため、強力な外用抗菌剤を塗布する

やけどの重症度によって、処置の仕方は変わってきます。やけどの重症度は、専門医でも難しいとされています。一般的に、水泡ができなければ、医療機関での治療は必要としません。医療機関にかかった場合は、医師の指示に従い、適切な処置を行いましょう。やけどの傷は、感染を防ぐことが大切です。感染を起こすと、傷が深くなり、治療期間も長期に延びます。色素沈着やケロイドも残しやすくなってしまいます。やけどをした場合は、傷口を清潔に保ち、新しい皮膚が早くできるよう処置することが大切になってきます。


やけどとは

やけどをしたら

やけどの治療

やけどの注意事項

やけどの後遺症

やけどの知識

このサイトについて

▲ページの上へ戻る