やけど.com

やけど.com HOMEやけどとはやけどをしたらやけどの治療やけどの注意事項やけどの後遺症やけどの知識

やけどをしたら

応急処置

やけどをした時の応急処置は、流水で冷やすことです。痛みがなくなるまで、冷やすことが大切です。冷やすときは、傷口にばい菌が入らないように、清潔な流水で冷やしましょう。しかし、やけどの範囲が広い場合は、冷たい水で急激に冷やすことによって、血圧が低下する恐れがあります。水で濡らしたタオル等で、身体を包み、救急車を呼ぶことが大切です。

衣類の上から、熱湯等によりやけどをした場合は、衣類は脱がずに冷やします。無理に衣類を切ったりした場合、病院での処置が困難になってしまいます。また、やけどをした時は、混乱状態になっている場合が多いため、衣類を脱がす過程で、やけどの傷口を悪化させてしまう可能性もあります。衣類の上から冷やし、救急車等で、病院へ行きましょう。2度のやけどは、水ぶくれができます。水ぶくれがガーゼやタオルで覆うことができないくらい大きくなったときは、救急車を呼ぶことも考えなくてはいけません。

低温やけどをした場合は、流水で冷やしても効果はありません。低温やけどは、見た目より、傷が深く、重傷の場合が多いので、すぐに病院へ行く必要があります。

やけどの部位を冷やすときは、体温が下がらないように注意しなくてはいけません。患部以外は、タオルでくるむなどして、体温低下に気をつけましょう。また、病院へ行く場合は、患部に薬などはつけずに、清潔なガーゼやタオルで包んで行きましょう。やけどの重症度は、素人では判断できません。自分が思っているよりも、やけどの重症度がひどい場合も想定して、形成外科がある総合病院へ行くのが良いでしょう。救急車で病院へ行く場合は、救急隊の指示に従います。救急車を呼んでいる最中も、患部は冷やして救急車の到着を待ちましょう。高齢者や幼児のやけどは、小さなやけどでも、ショック状態になる場合があるので、迷わず病院へ行く必要があります。


やけどとは

やけどをしたら

やけどの治療

やけどの注意事項

やけどの後遺症

やけどの知識

このサイトについて

▲ページの上へ戻る