やけど.com

やけど.com HOMEやけどとはやけどをしたらやけどの治療やけどの注意事項やけどの後遺症やけどの知識

やけどの注意事項

感染

やけどをした場合、傷口の感染に気を付けなくてはいけません。傷口が感染してしまうと、治りが遅くなるだけでなく、傷痕が残ってしまう場合があります。傷口を感染から守るためには、傷口を清潔に保つことが大切です。

病院治療が必要なやけどは、水ぶくれができるかできないかで判断することが多いです。水ぶくれができたやけどは、2度のやけどになります。2度のやけどは、病院治療が必要なやけどになります。低温やけどは、水ぶくれができません。したがって、病院へ行かない人もいます。しかし、低温やけどは、見た目よりも傷が深い場合が多いので、皮膚が赤くなっていたら、病院へ行く必要があります。病院で適切な処置をしてもらっていたら、傷口が感染することなく、痕も残らず完治させることができたやけどでも、病院へ行かず、処置を間違えてしまったため、傷口が感染してしまい、傷痕が残ってしまうこともあります。

やけどは、最初の処置が治療を左右させます。やけどをしたら、まずは、流水で冷やします。しかし、低温やけどは、水で冷やしても効果がありません。すぐに、病院へ行くことが大切です。処置を間違えると、やけどを悪化させてしまう場合もあります。流水で痛みがなくなるまで冷やした後は、患部をガーゼや清潔なタオルで保護しながら、水ぶくれを潰さないよう注意して、すぐに病院へ行きましょう。

傷口が感染しないためには、まめにガーゼを変え、傷口を清潔に保つようにするのが一番です。気を付けなくてはいけないことは、ガーゼを変えるときです。ガーゼを変えるときに、皮膚が剥がれてしまい、そこから感染してしまうこともあります。ガーゼを交換するときに、皮膚がひっついている場合は、ガーゼを水で濡らしながら取ると、きれいにガーゼを交換することができます。


やけどとは

やけどをしたら

やけどの治療

やけどの注意事項

やけどの後遺症

やけどの知識

このサイトについて

▲ページの上へ戻る