やけど.com

やけど.com HOMEやけどとはやけどをしたらやけどの治療やけどの注意事項やけどの後遺症やけどの知識

やけどの知識

やけどの事故ゾーン

やけどの事故ゾーンは、キッチンです。やけどは、赤ちゃんから子供に多い事故です。キッチンには、やけどを起こす原因が、たくさん存在します。料理をする際には、火を使いますし、鍋などの調理器具も熱くなります。また、お湯もやけどの原因になります。

幼児は、何が熱くて危険なのか、判断することが出来ません。しかし、いろんなものに興味を示します。テーブルクロスがあれば、引っ張ってみたくなります。しかし、テーブルクロスの上に、熱いお茶が置いてあれば、テーブルクロスを引っ張った瞬間に、熱いお茶を被ってしまう危険もあります。大人ではあり得ないことで、やけどをしてしまうのが、幼児の危険なところです。テーブルクロスは、きちんと固定しておく、またはひかないなどの対策を考えなくてはいけません。

また、キッチンをきちんと片付けておくことも、幼児をやけどから守るための対策になります。ポットややかんなどは、熱くて危険なことを教えるのも、大切なことです。やけどは、家庭内の事故の中でも、上位に入ります。そして、幼児の家庭内の事故でも、上位に入ります。大人は、自分もやけどに気を付けながら、子供にやけどの危険を教える必要があり、子供がやけどをしないよう配慮する必要があります。

また、冬は、やけどの事故が多発します。キッチンに留まらず、部屋には暖房器具が多くなります。暖房器具を使用する際には、子供がやけどをしないように、目を光らせなくてはいけません。湯たんぽなどを使用するときは、低温やけどに気を付けなくてはいけません。子供が風邪を引かないように対処したつもりでも、それにより、やけどを負ってしまっては、意味がありません。暖房器具を使用する際には、子供の安全を守ることを頭に入れておく必要があります。


やけどとは

やけどをしたら

やけどの治療

やけどの注意事項

やけどの後遺症

やけどの知識

このサイトについて

▲ページの上へ戻る